からのせかい

引きこもりのからのなかのおはなし

プライドと自尊心

雨にもたおれ

風にもたおれ

雪にも夏の暑さにもたおれる

軟弱な体をもち

欲張りですぐ怒り

いつもキーキー騒いでる私

 

現実とは悲しいものです

 

宮沢賢治さんも理想として書かれたのでしょう

雨ニモマケズ〟にはモデルとなった方がいたそうです

斎藤宗次郎さんというクリスチャンで何とあの内村鑑三さんの最も忠実なお弟子さんの一人だったらしい

 

自分の心を傷つけるのは他の人ではない

自分だ

 

自分を認めてもらいたいという気持ちが

劣等感や恐れを生み、複雑な心を作る

これがプライド

 

一方、どんな自分でも尊び失敗も受け入れ

立ち上がることのできる前向きな心

これが自尊心

 

プライドと自尊心

一見同じ意味にも思えるが心の方向が真逆

 

世間を見るか

自分を見るか

 

私はいつも世間ばかりを意識して殻にとじこもってしまうプライド人間だ

 

要するに自分を好きになれない

 

 

でもね

ほんとは

好きになりたいです!

 

雨にも風にも

たおれっぱなしの私だけど

 

嫌われ者になっても自分を愛する

 

そういう人に私はなりたい