からのせかい

引きこもりのからのなかのおはなし

悲しい夢

とても悲しい夢を見た

 

 

学生時代からの大好きな友達が亡くなる夢

本当に悲しくて寂しくて胸が苦しくなった

 

 

彼女は結婚して実家のある地方へ帰り、旦那さんと実家業を継いでいる

最後に会ったのは10年以上前だ

 

彼女は本当に〝気立ての良い人〟だった

怒った顔は思い出せない

人を傷つけるようなことや卑怯な事は絶対にせずいつも相手を思いやる事のできる器の大きい女性

 

一緒にいると心が落ち着くし楽しい、だから彼女を慕う友達も多かった

私も彼女を必要としていた一人だったが、最大のライバルが出現した

 

今の彼女の夫だ

 

初彼氏をお祝いしつつも心の底では寂しさがあって喜べなかった

つくづく自分勝手な人間だった私

 

それからはなんとなく疎遠になってしまって、お互い結婚出産で慌ただしくきちんと連絡することもなくなり今や年賀状友達

 

 

 

そんな彼女が突然夢に現れた

しかも亡くなったという設定

 

 

 

夢の中で私はひどく後悔していた

なぜもっと連絡しなかったのかと

本当に本当に悔やんでいた

 

 

 

この夢は私に語っている

今をもっと懸命に生きろと

時間を無駄にするなと