からのせかい

引きこもりのからのなかのおはなし

素直なこころ

f:id:Spaceintheshell:20170725125222j:image

夏休みでお弁当作りもお休み

よって早起きもお休みしているkotoです

 

小中学生の子供を同時に育てているとつくづく思う〝大切なことは小さいうちに〟

 

思春期になると説教くさいことはなかなか素直に聞いてくれなくなる

自己の確立段階にあるので大人から見た正論より自分の感情が先に立つようだ

 

重要なのは今自分がどう感じどうしたいか

 

けれど物事の良し悪しはきちんとわかっているから、やりたい放題した後は反省もするようだ

数日前にまさにやりたい放題したねぇね(詳しくはこちらで⬇︎

 

なんとなくここが大事かなと思うからやりたい放題を受け止めた

怒りを抑えるために歯を食いしばって楽天でマウスピースを探しながら

しかし断食ストにまで入ったのは初めてだったから正直どうしていいかわからなくなって困り果てていた

途方にくれ、ため息混じりにぼやいていた私に夫ふらりんはというと

「あんなんじゃ絶対受験失敗するって!黙ってるからああなるんだ!」

と娘のワガママで横暴な振る舞いに怒り、私の責任だと言わんばかりに吐き捨てる

さらに重荷を追加され、いよいよどん底のまっ暗闇に落ち込んでいる私を見て小学生の息子ぼくちゃんが深イイ一言

「ママ大丈夫だよ、いつものようにしていればいいんだよ 」

そうかなぁ、それでいいのかなぁ

うん、もうわかんないからそうしてみよう

大好きな宮沢賢治の〝雨ニモ負ケズ〟のよふに決して怒らずいつも静かに笑っているそういう人に私はなろう

ぼくちゃんの一言でぶブレかけていた私の心に光が差し込み落ち着きを取り戻す

 

次の日ねぇねの好物ハンバーグを作り部屋に置いたがやはりほぼ手をつけず早々塾へ

「俺が食べてあげるよ〜♡」とハイエナふらりん、が心配じゃないのか!と信じられない気持ちで冷たく罵っていると

まもなくねぇねからライン

叫びたくなる色々な思いをどこに向ければいいかわからず当たってしまったことと、自分が悪いのに謝れなかったことを謝りつつ、これからも同じような事があると思うからそんな時はそっとしておいてほしいと、、

 

キレなくて良かった〜

 

ねぇねの素直なこころが嬉しくて、夫ではなく、ちっちゃいけど広いぼくちゃんの胸でひーんと泣いた

ぼくちゃんによしよししてもらいながら、ねぇねのラインを読み返すと追伸が、、

 

 

『ご飯はとっておいてください
(」゚д゚)」ハンバーーーグ!!』

 

 

 

 

マヨラーでもあるハイエナふらりん

ねぇねのハンバーグにマヨネーズべっちょり口のまわりてっかてかさせながら頬張る

とても幸せそうだ

後に愛娘に恨まれることも知らず

 

ふふふ、因果応報